ご当地のマッサージとリンパドレナージュ

マッサージの主な目的は身体の疲れを癒したり、関節の痛みを緩和させたりすることです。種類もたくさんあり、分類をするのが難しく、また大変わかりにくいのですが、まずは日本で昔からされてきたマッサージについて整理してみましょう。
「指圧」ですが、指圧は指を使ってツボを押して刺激をしながらの治療です。肩凝りや関節痛などに効果があると言われています。こちらを職業にしたい場合は、国家資格である「あん摩マッサージ指圧師免許」か「医師免許」が必要となっています。
指圧が押して行う治療だとしたら、「あん摩」は揉むというイメージの治療となります。揉む他には、撫でる、押す、叩く等を行います。あん摩もまた「あん摩マッサージ指圧師免許」または「医師免許」が必要となっております。
また「鍼灸」ですが、鍼は細い針をツボに刺して患部に刺激を与える治療です。指圧に比べてさらに患部近くまで刺激を与える事ができるため、効果が高いと言われています。そして灸は、身体のツボの上で藻草を燃やして、患部を温める治療となります。どちらも見た目がちょっと怖いのですが、痛みや熱さとはほとんど無縁で、安心安全な治療になっています。こちらの治療を行うには「鍼灸士」の資格が必要です。
「整体」は、骨格の関節の歪みを矯正する治療です。骨格がゆがんでいると、内臓に負担がかかってしまうため、それを矯正します。こちらの資格も国家資格の「柔道整復師」があげられます。