日本でマッサージといえば、指圧やあん摩や鍼灸があげられます。

心と身体の癒しがメインのご当地マッサージ

「バリ式マッサージ」はオイルを使って行われます。バリの伝統音楽のかかるゆったりとした空間の中で施術されることが多いです。オイルを身体に塗りながらゆっくりと筋肉やリンパをほぐしていきます。まさに心と身体のリラックスにぴったりなマッサージです。
「タイ古式マッサージ」はオイルは使いません。施術者の体重を使ってバキバキと姿勢を直したり、筋肉をごりごりと伸ばされたりします。
「ハワイ式マッサージ」はロミロミという名前で知られています。ロミロミはハワイでは国家資格として認められています。こちらもオイルを全身に塗りながらのマッサージとなっています。
「スウェーデン式マッサージ」もオイルを使った施術となっていますが、バリやハワイよりは使用するオイルの量が断然少なくなっています。

リンパドレナージュについて

ご当地のマッサージと大変近いところに「リンパドレナージュ」があげられます。リンパドレナージュとは、リンパの流れをよくして、老廃物などを流していくマッサージとなります。リンパ液はいろいろなストレス等で身体の中に止まってしまいがちで、それをマッサージすることによってスムーズに流してあげるようにします。それによって血流もよくなりリラックスや疲労回復やデトックスなどの効果があらわれます。体質改善の効果もあると言われています。
リンパドレナージュは健康保険適用外となっているため、あえて資格は不要となっております。自分でマッサージを行う場合は、本やネットの情報でもできますが、他人への施術を行う場合は、リンパの身体の流れなどについて、学ぶ必要があります。


このコラムをシェアする